DVD映画 アルマゲドン あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔にコメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★アルマゲドンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

 

51NSBK4P50L._SY445_

 

 

アルマゲドン

 

公開年 1998年
出演者 ブルース・ウィリス
ベン・アフレック
リヴ・タイラー

監督 マイケル・ベイ
脚本 ジョナサン・ヘンズリー
J・J・エイブラムス

 

 

 

 

 

・あらすじ

 

ある日ニューヨークに帯びたしい数の隕石が落ちてきました。

 

その前後ではスペースシャトルのアトランタが、岩にぶつかったことによる爆発など、不吉な出来事と調査結果が続きます。

 

やがてそれらを調べていたNASAは、18日後にテキサス州ほどの小惑星が地球にぶつかり、人類の大半が死滅すると言う予測結果を出しました。
そしてNASAの総指揮官であるトルーマンは、その小惑星に穴を開け中で爆発を起こし、地球との衝突を避ける作戦に打って出ることにしました。

 

 

 

 

 

・感想

 

ニューヨークに無数の隕石が落ちてきただけでも大変なのに、18日後に地球が滅びるのが判明するってどんな感じだろう?と映画の登場人物達の心情を考えながらそう感じました。

 
小惑星に穴を開けて中で爆発を起こすって一見無茶苦茶かもしれませんが、時間が無いからそれほど切羽詰まっているとも言えます。

 

しかもどんな作戦を立てても、それを成功させるために綿密な計画とシミュレーションをしないといけないのでこれが一番妥当な計画かもしれません。

 

 

そして突然その指名を任された主人公の周りでも、ドラマが生まれるのでその点でも胸を打たれました。

 

 

 

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

エアロ・スミスの主題歌が胸を熱くします。

 

また壮大な人間ドラマに浸りたい人には是非ともピッタリの映画です。

 

そして地球存続の危機がテーマの映画は多くありますが、意外にあまりそれに触れることが無いと思います。

 

ですのでこの機会に是非おすすめします。

 

 

 

DVD映画★マン・オン・ザ・ムーンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

9784750000749_1L

 

マン・オン・ザ・ムーン

 

公開年 2000年

出演者 ジム・キャリー
ダニー・デヴィート

監督 ミロス・フォアマン
脚本 スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー

 

 

・あらすじ

 

駆け出し中のコメディアンであるアンディ・カウフマンは、芸を観客の前で披露しても全くウケず、ついには彼を雇っているオーナーからクビを宣告されます。

 

そんな彼はある日から人をいじり倒す芸風へと変え、有名な業界人であるシャピロにスカウトされ人気番組「サタディー・ナイト・ライブ」に出演します。

 

そこで一気に有名人となりますが、彼はそれでよしとせず次々とあの手この手でネタを披露していきます。しかし観客にウケない事も多く、サタディー・ナイト・ライブでの立場も悪くします。

 

 

 

・感想

 

アンディ・カウフマンは実在したアメリカの人気コメディアンです。それまでその人の事を知らなかったのですが一気にその人自身が気になりました。映画の中で披露するアンディ・カウフマンのネタは見ていて危なっかしいものがあります。

 

私自身が絵や詩などを作り芸風を追及したいと思っている部分があり、自分と重なり切なく感じました。しかしその危なっかしいアンディ・カウフマンを慕う仲間が多くいるのがとても救いで、仲間とのやり取りを見て暖かな気分に包まれました。

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

コメディアン(お笑い芸人)の芸のみならずライフスタイル自体が好きと言う方におすすめです。

日本のお笑い番組を見てこれはどうなんだろう?と感じる事もあるかもしれませんが、なぜそう言った芸も披露するのか?そのヒントが映画の中に隠されているのかもしれません。

 

 

おすすめ映画
最近の投稿
タグ