DVD映画 大脱走 あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔コメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★大脱走のあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

greatescape

 

大脱走

 

公開年 1963年

出演者 スティーブ・マックイーン

監督 ジョン・スタージェス
脚本 ジェームズ・クラヴェル
W・R・バーネット

 

 

・あらすじ

 

第二次世界大戦時のドイツの北部が舞台です。

連合軍空軍の捕虜が第三捕虜収容所へと、次々とトラックで運び込まれています。

 

ドイツ軍は何度も脱走しようとしているクセ者揃いを、

厳重な警備のこの収容所に集めて監視するとしているのです。

 

第三捕虜収容所の担当となったルーゲル所長は、

連合軍のラムジー大佐に彼ら空軍捕虜の連絡を頼みますが、

警備に自信がある様子を感じでもありますが半分さじを投げている態度で返されてしまいます。

 

一方トンネル掘りの能力に長けているダニーは、

トラックで捕虜軍達が運び込まれるのを見ながら何やら意味深なことを呟いています。

 

そして脱出計画はすぐさま開始されます。

 

脱走を企てる捕虜軍のメンバーそれぞれに、

役割が振り分けられておりダニーもやはり計画に加担していたのでした。

 
・感想

 

大脱走といえば、スティーブ・マックイーンと大脱走のテーマです。

 

大脱走のテーマ曲は下記のyoutubeをご覧ください。

23秒あたりのタタッ タタータタタッ・・・の曲です。

大脱走の映画をみていなくても知っている方は意外といるんではないでしょうか。

 

肝心の映画の内容については、
何度も脱出を試みようとしているクセ者揃いが集まっていると言うシチュエーションには燃えます。笑

 

三人寄れば文殊の知恵。ましてやそう言った人達が一つになったら、大脱走を考えないわけにはいきません。笑

 

第三捕虜収容所から抜け出そうとする彼らを応援せずにいられません、

3時間もの長丁場ですが牢獄版大河ドラマと言った感じで、多数の登場人物達の織りなす群像劇が描かれます。
これが実話を元にしているのが驚きですし、映画にしようと言うアイディアはすごいと思います。

 

また大脱走の途中にあるバイクシーンが個人的にはとてもかっこいいです。

スティーブ・マックイーンが好きな方はこのバイクシーンは必見です。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ映画
最近の投稿
タグ