DVD映画 ミッションインポッシブル あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔コメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★ミッションインポッシブルのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

113757_01

 

ミッション・インポッシブル

 

公開年 1996年

出演者 トム・クルーズ

監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・コープ
ロバート・タウン
スティーヴン・ザイリアン

 

 

・あらすじ
極秘裏に諜報活動を行うIMFの一員であるイーサン・ハントは、

米大使館員のゴリツィンを捕らえる任務を他のメンバー達とともにアメリカ大使館にて行っていました。

 

ゴリツィンはCIA諜報員のリストであるNOCを盗んだとされていましたが、

作戦発動中にゴリツィンが殺されます。それと同時に他のメンバー達も次々と悲惨な最期を遂げます。

 

その一連の死はゴリツィンを捕らえる作戦が筒抜けにされた事によるものですが、

イーサンがその首謀者だとCIAに疑われてしまいます。

 

またアメリカ大使館での作戦は、IMFへスパイ活動がいるための囮であったようです。

それを知ったイーサンは疑いを晴らすためにも真の首謀者を見つけ出す事にします。

 

 

 

・感想
まずとても序盤の展開とは思えない内容の濃さに驚きました。

ミッションインポッシブルがTVシリーズから続いているのは知ってるのですが、

こう言ったハードな話を昔からしていたのかな?と思うとTVシリーズにも俄然興味が湧きました。
また映画全般を通してイーサンや他の登場人物達との騙し合いが行われる所に、

スパイ映画と言われる所以があると感じました。
ミッションインポッシブルと言えば有名なこのシーンと言うのがありますが、

そう言ったビジュアル的な分かりやすさだけではない面白さがあるんだと分かりました。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ映画
最近の投稿
タグ