DVD映画 アルマゲドン あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔にコメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★アルマゲドンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

 

51NSBK4P50L._SY445_

 

 

アルマゲドン

 

公開年 1998年
出演者 ブルース・ウィリス
ベン・アフレック
リヴ・タイラー

監督 マイケル・ベイ
脚本 ジョナサン・ヘンズリー
J・J・エイブラムス

 

 

 

 

 

・あらすじ

 

ある日ニューヨークに帯びたしい数の隕石が落ちてきました。

 

その前後ではスペースシャトルのアトランタが、岩にぶつかったことによる爆発など、不吉な出来事と調査結果が続きます。

 

やがてそれらを調べていたNASAは、18日後にテキサス州ほどの小惑星が地球にぶつかり、人類の大半が死滅すると言う予測結果を出しました。
そしてNASAの総指揮官であるトルーマンは、その小惑星に穴を開け中で爆発を起こし、地球との衝突を避ける作戦に打って出ることにしました。

 

 

 

 

 

・感想

 

ニューヨークに無数の隕石が落ちてきただけでも大変なのに、18日後に地球が滅びるのが判明するってどんな感じだろう?と映画の登場人物達の心情を考えながらそう感じました。

 
小惑星に穴を開けて中で爆発を起こすって一見無茶苦茶かもしれませんが、時間が無いからそれほど切羽詰まっているとも言えます。

 

しかもどんな作戦を立てても、それを成功させるために綿密な計画とシミュレーションをしないといけないのでこれが一番妥当な計画かもしれません。

 

 

そして突然その指名を任された主人公の周りでも、ドラマが生まれるのでその点でも胸を打たれました。

 

 

 

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

エアロ・スミスの主題歌が胸を熱くします。

 

また壮大な人間ドラマに浸りたい人には是非ともピッタリの映画です。

 

そして地球存続の危機がテーマの映画は多くありますが、意外にあまりそれに触れることが無いと思います。

 

ですのでこの機会に是非おすすめします。

 

 

 

おすすめ映画
最近の投稿
タグ