DVD映画 レオン あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔にコメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★レオンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 2分

71eaOU3P+HL._SY445_

 

レオン

 

公開年 1995年
出演者 ジャン・レノ
ナタリー・ポートマン
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン

 

 

・あらすじ

 

アメリカのニューヨークでプロの殺し屋として活動しているレオンの近くで、悲惨な殺人事件が発生します。

ある一家が一人の少女を残して全員殺害されたのです。残された少女の名はマチルダと言い、実はその家族から常にいじめを受けていた日々だったのですが、マチルダの父は麻薬売買に携わっており、その中であるルールを犯したことにより家族全員がターゲットとなり、マチルダは運良く助かりました。

元々マチルダとはちょっとした顔見知りであったレオンなのですが、彼女を引き取ることにします。

 

 

・感想

 

映画の雰囲気から既に名作の空気が漂っています。

小道具の一つ一つが印象的に撮られている全体的な画作りもそうですが、ジャン・レノの演じるレオンの何とも言えないカッコ良さ。

ナタリー・ポートマンの演じるマチルダのボーイッシュな可愛さも見逃せません。

ナタリー・ポートマンの出世作でもありますが見ると納得です。またマチルダの視点からストーリーを見ると「大人になるための通過点」と言う内容になっており、とても奥深いと感じました。

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

ジャン・レノのカッコ良さに痺れたい方や、今では大人の女性として成長したナタリー・ポートマンの、当時ならではの魅力に惹かれたい方は勿論おすすめですし、また悪役のゲイリー・オールドマンがとにかく良い意味で憎いです。

DVD映画★デスノート(前編)のあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

death_note1

 

デスノート(前編)

 

公開年 2006年

出演者 藤原竜也
松山ケンイチ
瀬戸朝香

監督 金子修介
脚本 大石哲也

 

 

・あらすじ

 

学業優秀まさに容姿端麗の大学生。主人公夜神月は世の中に苛立ちを感じていました。なぜなら裁かれるはずの悪人がのうのうと生きており、法に裁かれたとしてもその罰があまりにも軽々しいのです。
 

そんな彼に偶然デスノートと言う一冊の本が落ちてきて拾い上げました。書かれている文章には「その人の名前を書けば死ぬ」と言う内容が。最初は遊び半分で裁かれたい悪人の名前を書いてみると、翌日のニュースではその悪人の死亡ニュースが‥。
 

やがて偶然じゃないことが分かった彼は一種の快感に溺れ、次々と悪人をデスノートで手に掛けていきますが、Lと名乗る人物が彼を挑発します。

 

 
・感想

 

L役の松山ケンイチの出世作となった映画ですが、何故彼がこの映画で有名になったか分かりました。他の作品ではライバルがいなくても物語が進行している内容があると思いますが、映画デスノートは夜神月とLの対決が主軸なのでLはライバルであると同時にLがいなかったからこの物語は成り立ちません。だからこそその分Lの存在感が必要なのですが、松山ケンイチの演技がすごく頼もしく感じました。また化かし合い合戦も鳥肌モノです。

 

 

・どんな人におすすめか?

 

藤原竜也のファンはもちろん、松山ケンイチファンにもピッタリな内容です。また世の中に似たような不満を抱えている方はこのデスゲームの虜になるはずです。

 

 

 

DVD映画★プレデターのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

51X1JWG15NL

 

 

プレデター

 

公開年 1987年

出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
カール・ウェザース
エルピディア・カリーロ
ビル・デューク
ジェシー・ベンチュラ
ケヴィン・ピーター・ホール

監督 ジョン・マクティアナン
脚本 ジム・トーマス
ジョン・トーマス

 

 

・あらすじ

 

元アメリカ陸軍特殊部隊所属のダッチは、ある特別な任務を言い渡されます。

それはゲリラ部隊に襲撃された政府幹部たちを救出するようにとのことです。

 

早速ジャングルのその現場に足を踏み入れてみると、見るも無残な光景が。政府幹部たちが乗っていたヘリの残骸が広がり、また体のあちこちを引き裂かれた死体が転がっています。
それでもダッチは任務を遂行するべく、ゲリラ部隊を攻撃して女性の兵士であるアンナを除いて駆逐し、情報を彼女の口から入手しようとします。

 

 

・感想

 

数多いアーノルド・シュワルツェネッガーの代表作の一つであるこのプレデターですが、終始彼の筋肉美に惚れました。

また彼が戦っているそれだけでカッコいいです。

 

ストーリーとしては元特殊部隊所属の兵士が、特別任務に駆けつけた時点で既に悲惨な現場になっていることから、ただものじゃない事が分かりますが、まさに一筋縄ではいかない内容が展開します。

 

それにジャングルと言う狭くて窮屈した場所がより一層拍車をかけています。

 

 

 

・どんな人におすすめか?一言

 

アメリカのサバイバル映画がとにかく見たい!と言う方にもおすすめです。

 

全盛期のアーノルド シュワルツェネッガーの魅力にハマるのも良いですし、別の映画でエイリアンとも共闘するプレデターの原点もここにはあります。

 

 

 

DVD映画★シックスセンスのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

31P817X0RPL

 

 

シックスセンス

 

公開年 1999年

出演者 ブルース・ウィリス
ハーレイ・ジョエル・オスメント
オリヴィア・ウィリアムズ

監督 M・ナイト・シャマラン
脚本 M・ナイト・シャマラン

 

 

 

・あらすじ

 

小児精神科医のマルコムは、自分が担当していた青年に妻と自宅にいる時に銃で撃たれてしまいます。

その青年としては「自分のことを救ってくれなかった」らしく、その銃で自殺してしまいます。
それから1年たった後、このことが尾を引いてか妻とは絶縁に近い状態になっています。

そこに少年コールが現れ治療を始めることになるのですが、コールから重要な秘密を明かされることとなります。

 

なんとコールには死者が見えそのことに苦しんでいると言うのです。

 

 

・感想

 

映画冒頭で主演のブルース・ウィリスから、「この映画にはある秘密があります。決してネタバレしないでください」と言う旨のメッセージが現れるこの映画ですが、アルフレッド・ヒッチコックの映画なら監督自身からそう言いそうですが、主演の口からそう言われるなんてまさに前代未聞だと思います。

 

ですが映画を全て見た時この言葉に納得しました。少年コールを演じた一時代を築いたハーレイ・ジョエル・オスメントの演技が光りますし、とにかく見ていて得したなと思いました。

 

 

・どんな人におすすめか?一言

 

予想外の結末が展開される映画を見たい方。

だけど胸糞が悪くなるような重い内容が好きじゃない方にピッタリだと思います。

 

またブルース・ウィリスと言えばダイ・ハードなどアクション映画のイメージが強いのですが、それのない演技に集中したい方にもおすすめです。

 

 

 

DVD映画★500日のサマーのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

 

152004_01

 

500日のサマー

 

公開年 2010年

出演者 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
ズーイー・デシャネル

監督 マーク・ウェブ
脚本 スコット・ノイスタッター
マイケル・H・ウェバー

 

 

・あらすじ

 

会社員のトムは、社長秘書である女性のサマーのことが好きになります。

美しい姿のサマーですが、会社で行われたパーティーで「真実の愛はどこにもない」と語ります。

 

真実の愛は絶対にあるはずだとトムは言いますが、同僚の方からトムはサマーに気があるとサマーにバラされてしまいます。
ある日トムはサマーは「あなたと友達になりたい」と言われますが、同時にサマーからあなたとは恋人になることはないと言われてしまいます。果たして二人の距離感の行方はいかに。。。

 
・感想

 

終始トムがサマーに振り回される映画です。

 

「真実の愛はどこにもない」と語る彼女の真意が、いくらでも解釈できる内容になっていて男性の方はサマーが嫌いになり、女性の方は自由なサマーが好きになるじゃないかなと言う感じです。
鑑賞者自身のそれぞれの恋愛観によって見方が変わるような映画ですが、監督マーク・ウェブはアクション映画のアメイジング・スパイダーマンシリーズを手がけているのが驚きです。隠れた名作と言って良いと思います。

 

 

 

・どんな人におすすめか?一言

 

決してロマンチックと言えないシニカルな恋愛映画に飢えている人にぴったりです。
サマーが可愛いのでその容姿に終始惚れるのも良いですし、現実の恋愛がそうであるように少なくとも途中のシーンだけはロマンチックなので、そこでときめいたりするのも良いと思います。

 

 

 

 

 

DVD映画★ホームアローンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

e2c526d4

 

ホームアローン

 

公開年 1991年

出演者 マコーレー・カルキン

監督 クリス・コロンバス
脚本 ジョン・ヒューズ

 

 

 

 

・あらすじ

 
アメリカのシカゴが舞台です。

マカリスター家にはただでさえ家族が多いのに、

そこに親戚達が来て総勢15人でてんやわんやしています。

 

そのてんやわんやには理由があり、みんなで海外旅行をするためです。

そこに警察官がやって来ますが忙しいのでちゃんと対応を取ることができません。

 

その中でマカリスター家の末っ子の三男であるケビンは楽しくなさそう。

家族の中で立場が弱く兄達にも意地悪されています。

 

そして旅行出発日、マカリスター家の人達はケビンを間違えて置いてしまっていることに気づきました。

慌てて引き返そうにも、クリスマスの時期なので足がありません。
そのため家で一人でいる末っ子の三男ケビンでしたが、

そこ空き巣であるハリー魔の手が襲いかかります。

 

実はその空き巣達は先ほどの警察官に化けて視察していたのです。

 

 

 

 

・感想

 

ケビンと空き巣のハリー達の攻防がとにかく楽しいです。

ケビンはたった一人であの手この手で家にあるものだけを使って、空き巣達を翻弄します。

 

機転の良さで戦う彼の頭の良さにはすごく感心しましたし、見ていてとてもワクワクしました。
しかしこの映画はただ楽しいだけではありません。

 

冒頭で見られる主人公の不遇や終盤の展開などを通して、人生観をも教えられるような内容となっています。

子供が主人公ですが、家族で楽しめる映画になっています。

 

 

 

 

 

おすすめ映画
最近の投稿
タグ