DVD映画 レオン あらすじ・感想 ネタバレなし簡潔にコメント

映画マニアがおすすめする面白い映画厳選ブログ~ネタバレなしで紹介

このサイトは1日1本映画を見るほどの映画マニアがお届けする映画紹介おすすめブログです。面白い映画が見たい方はネタバレなしで紹介してますのでぜひ参考にご覧になってみてください。

DVD映画★レオンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 2分

71eaOU3P+HL._SY445_

 

レオン

 

公開年 1995年
出演者 ジャン・レノ
ナタリー・ポートマン
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン

 

 

・あらすじ

 

アメリカのニューヨークでプロの殺し屋として活動しているレオンの近くで、悲惨な殺人事件が発生します。

ある一家が一人の少女を残して全員殺害されたのです。残された少女の名はマチルダと言い、実はその家族から常にいじめを受けていた日々だったのですが、マチルダの父は麻薬売買に携わっており、その中であるルールを犯したことにより家族全員がターゲットとなり、マチルダは運良く助かりました。

元々マチルダとはちょっとした顔見知りであったレオンなのですが、彼女を引き取ることにします。

 

 

・感想

 

映画の雰囲気から既に名作の空気が漂っています。

小道具の一つ一つが印象的に撮られている全体的な画作りもそうですが、ジャン・レノの演じるレオンの何とも言えないカッコ良さ。

ナタリー・ポートマンの演じるマチルダのボーイッシュな可愛さも見逃せません。

ナタリー・ポートマンの出世作でもありますが見ると納得です。またマチルダの視点からストーリーを見ると「大人になるための通過点」と言う内容になっており、とても奥深いと感じました。

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

ジャン・レノのカッコ良さに痺れたい方や、今では大人の女性として成長したナタリー・ポートマンの、当時ならではの魅力に惹かれたい方は勿論おすすめですし、また悪役のゲイリー・オールドマンがとにかく良い意味で憎いです。

DVD映画★マン・オン・ザ・ムーンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

9784750000749_1L

 

マン・オン・ザ・ムーン

 

公開年 2000年

出演者 ジム・キャリー
ダニー・デヴィート

監督 ミロス・フォアマン
脚本 スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー

 

 

・あらすじ

 

駆け出し中のコメディアンであるアンディ・カウフマンは、芸を観客の前で披露しても全くウケず、ついには彼を雇っているオーナーからクビを宣告されます。

 

そんな彼はある日から人をいじり倒す芸風へと変え、有名な業界人であるシャピロにスカウトされ人気番組「サタディー・ナイト・ライブ」に出演します。

 

そこで一気に有名人となりますが、彼はそれでよしとせず次々とあの手この手でネタを披露していきます。しかし観客にウケない事も多く、サタディー・ナイト・ライブでの立場も悪くします。

 

 

 

・感想

 

アンディ・カウフマンは実在したアメリカの人気コメディアンです。それまでその人の事を知らなかったのですが一気にその人自身が気になりました。映画の中で披露するアンディ・カウフマンのネタは見ていて危なっかしいものがあります。

 

私自身が絵や詩などを作り芸風を追及したいと思っている部分があり、自分と重なり切なく感じました。しかしその危なっかしいアンディ・カウフマンを慕う仲間が多くいるのがとても救いで、仲間とのやり取りを見て暖かな気分に包まれました。

 

 

 

・どんな人におすすめか?

 

コメディアン(お笑い芸人)の芸のみならずライフスタイル自体が好きと言う方におすすめです。

日本のお笑い番組を見てこれはどうなんだろう?と感じる事もあるかもしれませんが、なぜそう言った芸も披露するのか?そのヒントが映画の中に隠されているのかもしれません。

 

 

DVD映画★デスノート(前編)のあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

death_note1

 

デスノート(前編)

 

公開年 2006年

出演者 藤原竜也
松山ケンイチ
瀬戸朝香

監督 金子修介
脚本 大石哲也

 

 

・あらすじ

 

学業優秀まさに容姿端麗の大学生。主人公夜神月は世の中に苛立ちを感じていました。なぜなら裁かれるはずの悪人がのうのうと生きており、法に裁かれたとしてもその罰があまりにも軽々しいのです。
 

そんな彼に偶然デスノートと言う一冊の本が落ちてきて拾い上げました。書かれている文章には「その人の名前を書けば死ぬ」と言う内容が。最初は遊び半分で裁かれたい悪人の名前を書いてみると、翌日のニュースではその悪人の死亡ニュースが‥。
 

やがて偶然じゃないことが分かった彼は一種の快感に溺れ、次々と悪人をデスノートで手に掛けていきますが、Lと名乗る人物が彼を挑発します。

 

 
・感想

 

L役の松山ケンイチの出世作となった映画ですが、何故彼がこの映画で有名になったか分かりました。他の作品ではライバルがいなくても物語が進行している内容があると思いますが、映画デスノートは夜神月とLの対決が主軸なのでLはライバルであると同時にLがいなかったからこの物語は成り立ちません。だからこそその分Lの存在感が必要なのですが、松山ケンイチの演技がすごく頼もしく感じました。また化かし合い合戦も鳥肌モノです。

 

 

・どんな人におすすめか?

 

藤原竜也のファンはもちろん、松山ケンイチファンにもピッタリな内容です。また世の中に似たような不満を抱えている方はこのデスゲームの虜になるはずです。

 

 

 

DVD映画★シックスセンスのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

31P817X0RPL

 

 

シックスセンス

 

公開年 1999年

出演者 ブルース・ウィリス
ハーレイ・ジョエル・オスメント
オリヴィア・ウィリアムズ

監督 M・ナイト・シャマラン
脚本 M・ナイト・シャマラン

 

 

 

・あらすじ

 

小児精神科医のマルコムは、自分が担当していた青年に妻と自宅にいる時に銃で撃たれてしまいます。

その青年としては「自分のことを救ってくれなかった」らしく、その銃で自殺してしまいます。
それから1年たった後、このことが尾を引いてか妻とは絶縁に近い状態になっています。

そこに少年コールが現れ治療を始めることになるのですが、コールから重要な秘密を明かされることとなります。

 

なんとコールには死者が見えそのことに苦しんでいると言うのです。

 

 

・感想

 

映画冒頭で主演のブルース・ウィリスから、「この映画にはある秘密があります。決してネタバレしないでください」と言う旨のメッセージが現れるこの映画ですが、アルフレッド・ヒッチコックの映画なら監督自身からそう言いそうですが、主演の口からそう言われるなんてまさに前代未聞だと思います。

 

ですが映画を全て見た時この言葉に納得しました。少年コールを演じた一時代を築いたハーレイ・ジョエル・オスメントの演技が光りますし、とにかく見ていて得したなと思いました。

 

 

・どんな人におすすめか?一言

 

予想外の結末が展開される映画を見たい方。

だけど胸糞が悪くなるような重い内容が好きじゃない方にピッタリだと思います。

 

またブルース・ウィリスと言えばダイ・ハードなどアクション映画のイメージが強いのですが、それのない演技に集中したい方にもおすすめです。

 

 

 

DVD映画★パイレーツオブカリビアンのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

512q7dz16ul

 
パイレーツオブカリビアン

 

 

公開年 2003年
出演者 ジョニー・デップ
ジェフリー・ラッシュ
オーランド・ブルーム
キーラ・ナイトレイ

 

監督 ゴア・ヴァービンスキー
脚本 テリー・ロッシオ
テッド・エリオット
スチュアート・ビーティー
ジェイ・ウォルパート

 

 

・あらすじ

 
18世紀の時代、カリブ海の港町ポートロイヤルにエリザベスと言う総督の娘が住んでいました。

エリザベスは幼い頃に少年ウィルから黄金のメダルをもらい、今でも大事に身に着けていました。

 

しかしそれはウィルが海賊であるのを隠すためでした。

 

そしてウィルは現在ポートロイヤルに住んでおり、

総督スワンの屋敷に出入りする鍛冶屋として働いていました。

 

エリザベスとは恋仲同士なのですが、身分が違うために進展出来ていませんでした。

 

ある日の夜、海賊バルボッサがポートロイヤルに現れ次々と破壊していきます。

彼にかけられた呪いを解く鍵が、エリザベスが身に付けている黄金のメダルにあるからです。

 

ウィルはエリザベスを救うために提督スワンに捕らえられていた海賊ジャックを助け出し、

協力して海賊バルボッサと戦うのでした。

 

 

・感想

 
全編ウィルを演じるオーランド・ブルームもさることながら、

海賊ジャックを演じるジョニー・デップの魅力にハマります。

 

海賊ジャックは彼にしか演じる事が出来ないと言われていますが、

とにかく好演しているのがこちらにも伝わります。

 

またディズニーのアトラクションが元になっているので、

楽しい仕掛けが満載なのが見逃せません。

 

映画はさらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」から

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」と続くのですが2作目以降も見直したくなりました。

 

 

 

DVD映画★ミッションインポッシブルのあらすじ・感想をネタバレなしで簡潔にコメント

読了までの目安時間:約 3分

113757_01

 

ミッション・インポッシブル

 

公開年 1996年

出演者 トム・クルーズ

監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・コープ
ロバート・タウン
スティーヴン・ザイリアン

 

 

・あらすじ
極秘裏に諜報活動を行うIMFの一員であるイーサン・ハントは、

米大使館員のゴリツィンを捕らえる任務を他のメンバー達とともにアメリカ大使館にて行っていました。

 

ゴリツィンはCIA諜報員のリストであるNOCを盗んだとされていましたが、

作戦発動中にゴリツィンが殺されます。それと同時に他のメンバー達も次々と悲惨な最期を遂げます。

 

その一連の死はゴリツィンを捕らえる作戦が筒抜けにされた事によるものですが、

イーサンがその首謀者だとCIAに疑われてしまいます。

 

またアメリカ大使館での作戦は、IMFへスパイ活動がいるための囮であったようです。

それを知ったイーサンは疑いを晴らすためにも真の首謀者を見つけ出す事にします。

 

 

 

・感想
まずとても序盤の展開とは思えない内容の濃さに驚きました。

ミッションインポッシブルがTVシリーズから続いているのは知ってるのですが、

こう言ったハードな話を昔からしていたのかな?と思うとTVシリーズにも俄然興味が湧きました。
また映画全般を通してイーサンや他の登場人物達との騙し合いが行われる所に、

スパイ映画と言われる所以があると感じました。
ミッションインポッシブルと言えば有名なこのシーンと言うのがありますが、

そう言ったビジュアル的な分かりやすさだけではない面白さがあるんだと分かりました。

 

 

 

おすすめ映画
最近の投稿
タグ